新着記事

2010年07月12日

人生は、投資だ!

喩え話が、分かりにくかったことや見えなかったことを、とてもわかりやすく教えてくれるという事がある。

中には「簡単に思わせる」為に真実をねじ曲げて喩え話をつくる輩もいるので、注意しなくてはならないのだけれど、

本当の事を伝えるのに見事な喩え話がつくれる人というのは、確かな知識と深い洞察と豊かな経験がある場合が多く、そういう人だけが「難しいことを分かりやすく伝える」能力を持つ。

さて、投資という行動は、実は人生のあらゆる側面に現れるのだけれど、金勘定の世界だけにそれは存在していて、しかも血も涙もない殺伐としたものであるといった誤解は今でも根強い。

そうした誤解でがんじがらめになった頭を、柔らかく解きほぐしてくれる「投資の本」が現れた。

ここ最近、本でもテレビでもマンガでも、分かりやすくしようとして真実をねじ曲げてしまい、誤解を蔓延させている例をよく見かける。

だから、この体裁を取る作品については注意が必要なのだが、こちらの本は久々に見る良書だ。


あまりにふざけたタイトルに、最初は全く期待していなかった。

設定も続きを読む
posted by 本気らいふ at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 評論家の体で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

不動産投資はペーパー投資より安全?

ロバート・キヨサキ氏の本には、不動産投資をより安全性の高い投資として紹介しているような節がある。(私の読解力不足かもしれない)

少なくとも、ロバート・キヨサキ信奉者の方々にはそのように主張される方が意外に多いので、

それほど単純な話ではない事を指摘しておいてもよいかと思い、書くことにする。


まず、ロバート・キヨサキ氏の本を注意深く読んでみると、彼の不動産投資は徹底して「価値」を重視しており、価格に対する価値が高いものを買う事を全ての前提条件としている。

この部分の重要性を続きを読む
posted by 本気らいふ at 04:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資もいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

「ゆとり」は構造改革出来ず、既得権益に頼ろうとする大人たちの世界にこそ蔓延っている

大人が(特に政治屋どもが)「ゆとり」をバカにして、偉そうな事を言うのを見ていて、アホだな〜と思うが、あまり指摘されていないようなので書いておく。

日本は産業構造の変革なしには今後の発展は望めない状況にあるにもかかわらず、これを20年ほど放ったらかしにしてきた。

「モノづくり」という耳障りの良いキーワードで「変化は必要ないよ」と見せかけの安心感を演出しながら票集めに走る政治が横行した。

産業界も変化を嫌い、新しい産業の芽をたたきつぶしながら、自分たちの産業を守ることだけに汲々としてきた。

政府の補助金、続きを読む
posted by 本気らいふ at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | どぉ〜なっちゃってんだよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

税金を上げる下げるでしか語れないのか

極端に単純化してみる事が、時には必要だ。

税金とは何かというと、つまりは国で使うカネを国民に「よこせ!」といって集めるものだ。

さて、巷では消費税を上げるとか企業に対しては減税するとか、そういう「上げ下げ」ばかり話題になっている。

共産党が配っていたビラには、ギリシャが企業減税と消費税導入で危機に陥ったという主張をグラフ付きでやっていた。

昨日観たニュース番組では、オーストラリアが消費税を導入してからGCPは右肩上がりである事を示していた。

どちらも何の意味も無い続きを読む
posted by 本気らいふ at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | どぉ〜なっちゃってんだよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

捨てた人に拾ってもらおうとは思うな

捨てられても幸せをつかめる人と、

捨てられてどんどん不幸せになっていく人と、

両者の違いは、

自分を捨てた人に、拾ってもらおうとするかどうかにある。


あなたを捨てた人は、あなたをもう拾ってはくれない。

捨てるには捨てるなりの理由があるし、捨てるところにまで行ってしまったのだから余程の事があったのだ。

それなのに、捨てた相手に「拾ってくれ」としがみつくのでは、ますます遠ざけられるだろう。


また、捨てた人にばかりこだわっていると、大事な事を見逃してしまう。

あなたを拾う人も居るという事だ。

あなたがあなたらしく在る状態で、あなたを拾ってくれる人に出会う事を考えるべきだ。

あなたを捨てた人に合わせようとすると、あなたらしさを失う。

それはあなたがあなたである意味を失う事で、あなたがあなたで無いのなら、そんなあなたを求める必要は誰にも無い。

あなたを拾いたいと思う人と共に歩めばよい。

あなたを捨てざるを得なかった人にだって苦しい胸の内があっただろう。

苦しさを抱えたままでずっと続いて行くことは、相手にとってだけでなく、あなたにとってもマイナスだ。

だから、

新しい出会いを求めるしか無いように、「別れ」という形で未来を開いてくれたと考えることにしよう。


捨てられた事にばかり心を奪われて、

あなたを拾ってくれる誰かと出会う未来を忘れていないだろうか?


逆もある。

あなたは、

捨てるべき人、捨てるべき仕事、捨てるべき感情、

などを捨てて新しい世界に向かう事を恐れていないだろうか?

捨てるべきなのに捨てないものを言い訳に利用していないだろうか?
posted by 本気らいふ at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 安心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

土下座すれば誠意ってのがそもそも間違いだよ

私は土下座させられるのは別にどうって事ない。なぜなら、土下座させようとする人間はチョロい奴だから怖くもなんとも無いからだ。

だから、私はすぐに土下座して許してもらおうとする奴が嫌いで土下座はさせない。

土下座をしても問題は何も解決しないのに、それで済ませようなんてのは私を馬鹿だと思っていないと出来る事ではないからだ。


で、なんだかなぁ。こういう事件が学校であったそうな、

■「それが誠意か」生徒に土下座させる…青森の高校
(読売新聞 - 07月06日 06:26)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100705-OYT1T01289.htm


なんか、生徒が自主的に土下座したと教諭は言っているそうだが、

そこが問題ではなくて、もしもそれが本当だとしても、土下座しようって生徒をそのまま土下座させてしまったのが問題。

土下座で何か責任がとれるのか?続きを読む
posted by 本気らいふ at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | どぉ〜なっちゃってんだよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

税の配分、渡辺氏はカンブリア宮殿で「消費税を上げる」なんて言ってない。

一部で渡辺喜美氏がカンブリア宮殿の200回スペシャルで以下のように語ったという話が広がっている。

龍さん「税金の配分をどうしますか?」
渡辺「法人税を下げて国の財源、消費税を上げて地方の安定財源にする。」

私もこの放送を見ていたので、そんな発言あったっけ?と思っていたら、誤報であると指摘する意見も出てきた。

そもそもが、「法人税を下げて国の財源」という部分は、なんで法人税を下げたら国の財源になるんだ?って疑問に感じて良いレベルだろうに。

録画しておいたのを確認してみたら、続きを読む
posted by 本気らいふ at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | どぉ〜なっちゃってんだよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「はやぶさ」の微粒子のことだけで、失敗とか言い出さないように

「はやぶさ」が持ち帰った微粒子が、小惑星イトカワのものかどうか、分析が進んでいる。

が、どうもマスコミの一部には、これがイトカワのものではないという「失敗」の結果を待ち望んでいるような気配がある。

ここでハッキリと指摘しておくが、続きを読む
posted by 本気らいふ at 14:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 評論家の体で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

「当たり前」は本当に当たり前だろうか?

誰もが正社員で働ける事を「当たり前」とか、

ちょっと前の恵まれた日本の姿を「当たり前」として語る政治家とかコメンテーターが多い。

海外生活が長かったもので、それらを「当たり前」と表現される事にものすごく違和感がある。

いや、もっと正確に言えば、「それが当たり前である」という事が、何の努力もなく手に入って当然だといった前提で語られることに、強い違和感がある。

海外生活といっても、続きを読む
posted by 本気らいふ at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | どぉ〜なっちゃってんだよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

お金に限らず、ゲームには勝つより大事な事がある。

マネーはゲームだ。

で、ゲームってのはマネーに限らず、あらゆるゲームで楽しくやっていく為には、「勝つ」よりも大事な事がある。

それは、

「長く楽しむこと」

勝利を求め、頂点を目指す事がゲームの目的と思われがちだけど、それはゲームの楽しみ方の一つに過ぎない。

がむしゃらに、高い目標を目指してみるって挑戦はするべきだと思う。そういう経験は絶対にあったほうがいい。

でも、誰もが頂点に立てるわけでは無いという現実を前にした時に、これから書く事を思い出して欲しい。
続きを読む
posted by 本気らいふ at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | どぉ〜なっちゃってんだよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。