新着記事

2010年08月22日

神話化すると、見えるものが見えなくなる。

「見える化」という言葉はかなりメジャーになった。

しかし、逆の方向が意識されておらず、それで危機に陥るケースもある事はあまり指摘されていない。

前回のエントリに書いた「神話」について、この点を改めて解説しておきたい。

現在、様々なビジネスで、過剰な「神話化」による集客が横行している。

これは非常に効果的なのだが、劇薬でもある為、本来なら多用してはならないものだ。

結論から言うと、続きを読む
posted by 本気らいふ at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | どぉ〜なっちゃってんだよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

リッツ・カールトン神話は神話になってるから駄目なのだ。

リッツ・カールトンが大阪に出来て、テレビで話題になり始めた頃に利用してみた事がある。

神話を確かめに行くと、やはり神話に過ぎないという例が多いので、自分から確かめようという気になる事はないのだけれど、この時は見えっ張りな取引先(案の定短期間で縁は切れた)が、

「リッツ・カールトンに宿泊する俺様を見に来なさい!」

ってな感じで私を連れていったのであった。

なるほど、テレビやら書籍で紹介されたとおりの事をしている。

が、

それは、マニュアルとシステムがやっていることであって、そこにいる人間がやっているという感覚がどうしても湧いてこない。

それなりに良い部屋続きを読む
posted by 本気らいふ at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | どぉ〜なっちゃってんだよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

J-Waveで別所哲也さんが大興奮だったゲーム

朝、何気なくラジオをつけてみたら、j-waveで別所さんが大興奮のご様子。

「ボールをコントロールするのか?おおージェダイの騎士になれるか」

ってな具合で、あとはもう朝からハイテンション。

何の事だ?と思ったが、最初を聞き逃しているんでググって探す。

これだ。




脳波でコントロールするゲーム続きを読む
posted by 本気らいふ at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるMONOれぽーと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

日本語にやたらと固執する留学生受け入れ計画

サラッと読むと、いいことを書いているようで、実は中身がぐちゃぐちゃ。

外国人留学生の力を取り込んで、日本の活力を取り戻す

内憂外患というシリーズだが、なるほど内憂である。

日本と韓国、中国の3ヵ国間の大学で、単位に互換性を持たせる仕組みづくりをしようと政府間の話し合いを進めている
「アジアのスタンダードはこれですよ」というものを作り上げようと考えている。
と仰るのは納得だし、よい試みと思うが、

次のところで妙な話に続きを読む
posted by 本気らいふ at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | どぉ〜なっちゃってんだよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

開発費1億をかけたシステムなら勝てる?

サクソバンクFX

相変わらず、情報販売の世界で根拠もなく勝てると宣伝するシステムトレードソフトが売られている。

数万円から数十万円という価格に見合った価値があると思わせたいのだろうが、

開発費が数千万円とか、自分が研究に数百万円かけたとか、そういう宣伝文句のソフトが多い。

まぁ、こんな宣伝文句で買う気になってしまう人が多いという事なのかも知れないが、

開発コストをかけただけで勝てるソフトに仕上がるなんて…ねぇ…。

マトモな開発を続きを読む
posted by 本気らいふ at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | FXは勝てそうな時だけに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

FXでいかにして私は負けてきたのか(8)自分をバックテストせよ

クリック証券

iPhoneでモバイルトレードが快適!

システムトレードでは、「バックテスト」の結果が重視される。

過去のデータを元に、もしもそのシステムがトレードをやっていたらこのぐらいの結果が出ていますよという事を表すもので、将来はどうなるかわからないが、過去の実績が全然だめなら将来も全然ダメだって事だけは確実だろうから、やはり重要な事だ。

ところで、

この「バックテスト」はコンピュータシステムが行うシステムトレードの世界でよく聞くけれど、

トレーダー自身も、それぞれに勝てると思う何かルールとか手法をもってトレードを行っているのだから、「システム」だ。

ならば、続きを読む
posted by 本気らいふ at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | FXは勝てそうな時だけに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

アメリカを助けるためにドル安?

どっかのアナリストかなんかがセミナーで、

「最近までのユーロ安はユーロ圏を助けるためで、今後はアメリカを助けるためにドル安になる。」

とか言っていたそうな。

陰謀論は、相場の世界でも大人気で、こういう事を口走るひとのセミナーは盛況だったりするもので、なるほど多数派は負ける運命なんだという事がよくわかる。

相場の知識がどうこうって問題ではなく、こういう陰謀論で世界が動いているなんて信じている時点で「カモ」。

相場でカモになってしまうのは仕方が無い。でも、セミナーなんかでカモになるのは救いようがない。

こんな所にカネを使うぐらいなら、証拠金に入れてトレードすればいいのにと思うし、

どっかの無料セミナーだとしたら、まぁ、そんな陰謀論の講師に講演料を支払って客集めしているのは取引会社だからなんとも言えないけれど、業界の健全化にはマイナスだよなぁ。


さて、アメリカを助けるためにドル安にするって話がどのぐらい馬鹿げた話なのかは、長々と書くまでもない事で、

為替マーケットは巨大すぎるので、意図的にドル安にしようとおもっても、そんな事が出来る資金量をもった存在は無い。

あと、アメリカを助けるとメリットがあるのは誰なの?という問題があって、

だから、根拠がまるっきりどこにも無い話なのよ、これは。

で、すぐにフリーメイソンだとかだしてくる人が居るんだけど、まぁ、そんなもんで為替が動くんだと本気で思ってるんだったら、FXはやらない方がいいね。

それが本当だという可能性がほぼゼロだし、本当だったとしても、フリーメイソンに聞いて教えてもらえるワケが無い。

あ、やっぱり絶対にありえないわ、

だって、陰謀はバレたら意味が無いんだから。

もしもこの話をした講師が行方不明になったとか謎の死を遂げたとかって事でもあったら、多少信ぴょう性は上がるかも知れないけど、

そもそも東洋の島国でチンケなセミナーやってる講師に陰謀をばらされるような秘密結社だとかがあるんだったら、それって幼稚園のバスを強奪して世界征服を企むぐらいに滑稽な奴らって事になるんだから。
posted by 本気らいふ at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | FXは勝てそうな時だけに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

FXでいかにして私は負けてきたのか(7)システムトレードのスイッチは誰が入れるのか

FX 比較



システムトレードの利点として、コンピュータは感情など無いので、淡々とルール通りに取引をする事を挙げ、

「だから、システムトレードならメンタルに左右されずに儲けることが可能です!」

なんて広告をちょくちょく見かけるのだが、

これは、嘘である。


確かにシステムトレードはコンピュータが実行する。

スイッチオンで取引を始めたら、そこから先は勝手にルール通りの取引を続けてくれるのだが、

実はここに感情の入り込む余地続きを読む
posted by 本気らいふ at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | FXは勝てそうな時だけに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXでいかにして私は負けてきたのか(6)アナリストのレポートには読み方がある

FX


FXをやっていると、あちこちでアナリストの分析を目にする。

私は、初心者の頃にアナリストのレポートを読みまくって、わかったつもりになってトレードやってみると負けるという事を繰り返した。

で、

「アナリストはいい加減なことばかり書く人たちで、何の参考にもならない。」

と結論して、努めて彼らの言葉を無視することにしていた。


今でも、あちこちで耳にするのは、アナリストに対する不満の声だ。

「予想が全然当たらない。」

「予想を信じてトレードしたら大損した!」

私もそういう不満を抱えて、続きを読む
posted by 本気らいふ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(1) | FXは勝てそうな時だけに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

FXでいかにして私は負けてきたのか(5)資金管理に出会ってメンタルが変わった。

みんなのFX

本当なら、損切の重要性に気づいた時点で、資金管理を徹底するべきだった。

資金管理というのは、トレードの上級者になるほどその重要性を口にする事で、にわかカリスマのようなトレーダーではなく、伝説のトレーダーと言われるような人は、資金管理を厳しく実行している。

資金管理とは何かというと、本当にざっくりと一言で言えば、続きを読む
posted by 本気らいふ at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | FXは勝てそうな時だけに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。