新着記事

2011年03月20日

東京消防庁の会見〜仕事が出来るとはこういう事です。

本日午後10時半頃から行われた、東京消防庁記者会見は素晴らしい物だった。

というか、こういう報告が出来なくては仕事が出来ているとは言えない。

こちらからYoutubeで見ることが出来るので、ぜひご覧下さい。
http://www.youtube.com/watch?v=6Vad16Rlx8U

東電や原子力安全保安院、官邸はこれを見て自分たちに何が足りないのかをよく考えてもらいたい。


東京消防庁の会見内容は、記者たちのみならず、国民なら誰でもが疑問に思うであろう事を全て説明しており、質問の余地が無い。豊富な写真を用意し、専門用語と共にそれが何を意味するのかもスマートにおりまぜて解説している。

どのような事が話し合われ、いつ、どこで、どんな対策を練り、想定外の事態に対しても検討を重ねて解決策を見出し、いざ、作業が開始されれば驚くべき実行力で課題をクリアする。

誰もが納得出来るだけの想定、訓練、再検討が行われた事が分かり、時間がかかった理由も、放水によってどのような成果が出ているのかも、隊員の被曝量やその測定の妥当性も、全てが説明されていると言っていい。

仕事の報告というものはこうでなくてはならない。特にこのような非常時に、相手の不安を増大させるような説明をするのは、仕事が分かっていない人のやることだ。

そして、こういう報告が出来る人というのは、仕事も迅速であり丁寧で美しい。途中でトラブルがあっても、それを乗り越える方法を探し、必ず成果を出してくれるものだ。

根性や精神論の通用しない仕事の現実を知っている人の凄さがこれだ。

頭だけで考えていると、ここが甘くなる。

緻密に考え、的確な判断を下し、不安や不透明な点は明らかにし、あらゆる事態を想定してバックアッププランを考え、現場に飛び込む勇気以上に、間違えれば撤退する勇気もある。

そういう事は、自分の存在全部で考えることが出来て、初めて可能になる。

消防は人智を超えた炎との戦いの場所であり、ほんの少しの甘えや緩みが即自分の死、仲間の死に繋がる厳しい世界だ。

だからこそ、そういった全脳思考どころか全身思考が可能になるんだなーんて言い出す人もいるんだけどね、違うの。

確かにそういう思考の人しか生き残れない職場だけどね、それ以外の場面でも、こうした全身思考ってのは適用できるし、そうであれば非常に良い仕事が出来るのね。

極限にならなくたって、極限の経験がなくたって、ちゃんと仕事は出来るんだよ。やろうと思えばね。

だから、カッコイイ素晴らしいってだけじゃなくて、彼らのような仕事を自分の現場でやるって事はどういう事なのかって考えてみたらどうだろう?で試行錯誤してみたらどうだろうって思うんだよ。

東電だって電源回復に必死にかけずり回った現場の人たちは、トラブルが続発する原発をなんとかコントロールしようと踏ん張ってきた人たちは、やっぱり彼らのように仕事していると思う。

いい仕事をする人を見て、私はとても気持ちが楽になった。

希望が持てた。


冒頭に紹介したyoutubeの中にその場面がないのだが、

(追記)こちらにその場面あります、4分50秒ぐらいのところを御覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=ZT28xIGzfHw

冨岡豊彦隊長が、
「一番大変だったことはなんですか?」
との記者からの質問に、

「大変だったのはですね……」

しばし無言で、口の端を震わせながら目に涙をためて、

「隊員ですね。」

と答えたあの場面に真のリーダーシップを見た。

あんな隊長だったら、どんな危険な現場でどんな危険な命令でも俺はついていけるよ。

政治の世界に、ああいうリーダーが欲しい。

被曝覚悟の350メートル 消防隊見守る妻「日本の救世主に」
posted by 本気らいふ at 03:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生を高める仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月29日

マインドマップへの疑問

マインドマップというのが大流行した。ただ、なんというか発想法としては有益だと思うが、なんか学習効果という点では劣るような気がしていた。

で、結局はもっぱら文章でまとまったものを書くという作業でしか確かな定着はしないなぁと、これは自分の特性なのかなと思っていたところが、こういう実験結果があるという。

「書くことの効果」実証される
http://wiredvision.jp/news/201101/2011012520.html

おやおや、詰め込みよりも効果が低いとは……。

一方で、理解した感は強いというのだから、この結果からすると、分かったつもりで分かっていないって傾向が強くなる可能性があるって事にならないか?

これは、学習し記憶するという事についての効果なので、別にマインドマップのようなコンセプトマッピングが無意味だという事ではない。

発想を広げるツールとしては有益性を感じる。

ただ、学習効果という点では以前から疑問に感じる部分が多く、何か発想を得たい時にはコンセプトマッピングを使うが、学習したことをまとめるのは通常の文章にまとめる方向に落ち着いていた。

分かったつもりになってしまうというのも納得出来るところで、私が学習した事をコンセプトマッピングにするのをやめたのは、分かったつもりで分かっていないという現実に何度か出くわしてしまい、その度に文章にまとめ直すことで解決してきたからだ。

ならば、最初から文章にした方が良い。

というワケで、この研究結果には我が意を得たりの感がある。

まぁ、いろいろ書いていきましょう。ブログなんかに学習した事をまとめたものを公開していくってのもいいかも知れない。コメントで補足してくださる方が現れたりするかもしれないし。
posted by 本気らいふ at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生を高める仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

義を通したければ、まずは利を確保せよ

今年一年を振り返って、NHK大河ドラマの影響も大きかったが「義」がクローズアップされたように思う。

だが、直江兼続が「利」に優れた武将でなければ、「義」を通すことは出来なかったという点を少々軽く見ているような気がする。

現実問題として、「義」に厚いとされた武将の多くは、裏切られたり、非業の死を遂げていたりする。

さらに見えない現実として、続きを読む
posted by 本気らいふ at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生を高める仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

バランスは崩すためにある

バランスが大事であるという事があちこちで語られる。

だが、バランスを重視するあまり、バランスするポイントから一歩も動けない人が居る。

バランスは重要であるが、

バランスしている状態をひたすらに保ち続けるというのは、本質を見失っている。

バランスを保つだけなら、それは「停止状態」でしかない。


動くという事は、バランスを崩すことである。

そして、ひとつの動作が終わったときにバランスしたポイントに戻れる事が重要になるのだ。

バランスしたポイントが重要になるのは、バランスしたポイントからはどの方向にも臨機応変に動きを立てることが出来るからだ。

武術などで自然体といわれる姿勢が基本とされるのもその為である。

つまり、

バランスとは、それを崩して動くこととセットになって初めて意味を持つものであり、バランスするだけなら、それは閉じこもって動かない状態と大差ない。

よって、バランスが崩れることを恐れるようなバランスの取り方をしてはならぬ。

バランスを崩すべき時を楽しみに待つようでなくては、本当のバランスとは言えぬ。
posted by 本気らいふ at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生を高める仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

自分に投資しろが、ギャンブルにならないように。

一部の成功者が書いた本の中には、

「貯金とか、株とか、そんな事やってないで若い内は自分に投資しろ」

と、いうものがあり、これを真に受けてしまうとギャンブルになる場合があるので、注意してもらいたい。


私自身が、自分に投資する方が良いという考えに偏りすぎていた人間なので、人生のポートフォリオとして考えるべきだという実感をもっている。

自分に対する投資はもちろん重要なのだが、これの比重を上げすぎるのは危険だ。

自分自身を冷静に分析すれば、その投資がかなりリスキーなものであることは分かるだろう。

まだ何者でも無い、続きを読む
posted by 本気らいふ at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生を高める仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

自分にしか出来ない事があると信じ込ませようって輩には、お前がやれと言ってやれ。

自分にしか出来ない事しかやりたくないという人が居る。

そういう人に特徴的なのは、誰にでも出来る事すらマトモに出来ないという事だ。

残念ながら、ここまで書いた時点で、「自分にしか出来な事をやりたい病」に掛かっている人のほとんど全員が読むのをやめているだろう。

だが、まだ読み進めているならば、忠告しておきたい事がある。

必ず続きを読む
posted by 本気らいふ at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生を高める仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

好きな事で飯を食うという事を、どうイメージしている?

「好きな事で飯を食う」

これ、今では当たり前のように言われていて、実現するのも不可能ではないという感じで語られるんだけれど、

実現したいなら、注意しておかなくちゃならない事がある。

それは、「好きな事」と「飯を食う」の比重をどうするかを明確に意識しておく事だ。


豊な生活に慣れてしまっているからだろう、「好きな事」を優先するのが当然という考えに偏りがちなのが、現代日本の世相だ。

マスコミもそれをもてはやすし、コメンテーターとかもそれを素晴らしいとか言ってくれちゃう。

夢がどうのこうのってワクワクを売りつけてくれるんだが、

そのワクワクは続きを読む
posted by 本気らいふ at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生を高める仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

しっかり貰えるなら、何でもやる姿勢で。

仕事について、新しい事や知らない分野の事を依頼されると、これを断ってしまう人が多い。

私にしてみれば不思議なのだが、仕事というものは常に今までにないものを求められるものなので、経験した事のない仕事を引き受けなかったら、仕事が減って行くだけになる。

発生する問題続きを読む
posted by 本気らいふ at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生を高める仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

ストレス解消は、体の割合を仕事と逆にする。

仕事のストレスは、単なる疲れと同じではない。

全ての経験、行動は、仕事かどうかを問わず人生にとって栄養のようなものだ。

仕事を抱え込みすぎてしまうと、人生の栄養が偏った状態になる。

これが悪玉ストレスとなっていく。


仕事が人生に与える影響は大きく、人間を大きく成長させる素晴らしい栄養素である。

しかし、どんな食品でも、1品目だけで健康を支えられるものは無いのと同様、仕事だけでは豊かな人生を育てる事は出来ない。

これを解消するには、続きを読む
posted by 本気らいふ at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生を高める仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。