新着記事

2009年08月05日

なんで無いんだろう?液晶保護シートいらずの液晶画面

液晶保護シートって、泡が入るのが邪魔臭い。

元から傷のつかない、強い液晶画面が出来てたらいいのに……

と思いつつ、

「絶対に傷続きを読む
posted by 本気らいふ at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 考える前(情報クリップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

ナイターってとんでもなく電気食うんだね

野球のナイターで使われる電力は、1、2分程度で一般家庭の消費電力2年分に相当するらしい(本日のMXテレビの「5時に夢中」で言ってた)

夜の営業って事で思い出すのが続きを読む
posted by 本気らいふ at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 考える前(情報クリップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

自閉症や学習障害を見過ごされた過去の世代は

自閉症や学習障害といった障害は、従来は「しつけ」などの問題で発生すると思われていた。

ところが、これらの障害は実際には先天性のもので、脳の構造などに起因しているというのが現代の医学ではほぼ常識とされている。

が、

ひとつだけ、続きを読む
posted by 本気らいふ at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 考える前(情報クリップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

不幸な話がカネになる?

こちらで、あなたの不幸な話を買ってくれるとか

http://bailoutbooth.com/index.php?action=Bailout_Bill

どうやらクラシファイド(売ります買いますみたいな?)の会社が話題を集める為にやっているらしい。

こういう世相に不謹慎!なんて声もあるようだが、

こういう世相だからこそ、こんな不幸のひっぱたき方もある。

必要以上に悲観的になってしまいがちな日本に比べて、あちらさんはなかなか逞しい。

アメリカはもう終わったなんて言う人も居るけれど、なかなかどうして侮れないかもしれないぞ!
posted by 本気らいふ at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 考える前(情報クリップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

カネを拝むようになると、イースター島のモアイがもたらした結末となる。

人類の歴史が行き詰まるきっかけとなるのは、ありもしないものを拝むようになってしまう時だ。

ありもしないものを拝むというのは、未来を信じるとか、理想に向かう勇気といった機能にオーバーラップするモノなんで、全てが御法度というワケではない。

しかし、それに頼り切ってしまえば、1つの文明が滅びてしまうぐらいのチカラがある。

続きを読む
posted by 本気らいふ at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 考える前(情報クリップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月26日

これは広告企画ではないのか?

こういう記事を見つけた。
http://special.nikkeibp.co.jp/ts/article/0hab/101519/

これは広告企画に見える。

紙媒体である雑誌なら、規制の関係で「広告企画」という事をどこかに明記しなくては成らないが、Webではそのあたりがわからない。

続きを読む
posted by 本気らいふ at 17:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 考える前(情報クリップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

081216朝のニュースから

不動産経済研究所発表、首都圏マンション発売戸数15年連続減14.9%減少、前年割れ最長記録

森永乳業と森永製菓が経営統合

東芝半導体工場一時休止

米格付け会社がみずほの格下げを検討

ビッグ3救済へ調整続く
来年1月までに必要な最小限度に留めて、残りはオバマ政権に投げるか

トヨタ新工場の建設を無期限延期
プリウス生産予定だったが

およそ275億円か、野村HDの詐欺被害額
マドフ氏の「ねずみ講ファンド詐欺」の被害額、依然調査中。

米鉱工業生産0.6%マイナス
製造業全体:-1.4%
自動車・部品:-2.8%

NY連銀製造業景気指数-25.8%で過去最低
4ヶ月連続のマイナス。
仕入れと販売価格がマイナスになったのが今回の特徴。

12月FOMCの市場予想は
利下げ幅
0.50%…34%
0.75%…66%

非伝統的、量的緩和で効果が見られており、新たな量的緩和策が示されるか注目


BMWミニホットラウンジを25日まで
東京駅の近くで、来場者にホットチョコを振る舞う。

トヨタ、鉄鋼大手に鋼板値下げを要求、7年ぶり

日銀、政府と歩調を合わせ資金供給策を軸に追加策
政府が12日にまとめた政策投資銀行によるCP買い取り策などに歩調合わせる。

posted by 本気らいふ at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 考える前(情報クリップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

081215朝のニュースから

ビッグ3救済の行方は不透明
法案廃止から一転して政府による支援発表から先週末ダウは上昇で終了だが、救済内容は不透明、タイムリミットが近い中で詰めの作業。

法案廃止は、実験としての意味があったか。もともと政府救済とセットの出来レースという見方も。

金融安定化法の公的資金をビッグ3に融資の方向で作業。

但し、ペリーノ報道官によると、ブッシュ大統領がイラクから帰国する週明けまで発表は無い。

ブッシュ、靴を投げつけられる
イラク人記者から、「これが別れの挨拶だ!」と靴を投げつけられたブッシュ。靴を躱す機敏な姿が報じられた。誰が何と言おうと、やはりイラクではアメリカに対する不満が高いという事だ。

週刊投資新聞バロンズによると、GM破綻コストは18兆円
地銀の破綻等にも波及する為、そのコストは計り知れない。

キリスト教右派の信者が増加
景気が後退すると救いを求めてキリスト教右派の信者が増えるという。

ディールトイ
企業買収や株式上場が成功した時に、金融機関がその記念品として顧客にプレゼントするのが「ディールトイ(Deal Toy)」というものらしい。

一種のトロフィーのようなもので、担当者にとっては勲章のようなものだという。凝った造りのものもあるが、別名では「墓石」とも言われているあたり、皮肉も入ってるんだろうか。

このディールトイを作っている会社も不況の御陰で注文が減っているとか。こうした記念品をつくる会社にとってもこの不況は辛いものとなっている。

トヨタ役員賞与ゼロも
ビッグ3の役員達よりは、日本の経営陣はマトモかな。

日銀短観は悪かったが市場予想の範囲内

野村HDも詐欺の被害
Nasdaq元会長バーナード・マドフ容疑者による巨額詐欺事件で、野村HDも被害を被った可能性があると報じられた。
投資家から受けとった資金を他の投資家の配当として流用し高利回りを装う「ねずみ講」的手法で荒稼ぎ、被害総額はおよそ4兆5000億円


ビッグ3救済法案の廃案は出来レース?
大和総研アメリカ 坂巻史郎氏の分析によると
出来レース的な印象年内の破綻は無いという前提だろう。
今までUAWの賃金が高すぎる事が議論になっていなかったが、今になって突然議論の中心になっている点が不自然。
再建の際に必要な労使交渉を前倒しで始めているのではないか。
廃案によってビッグ3が破綻するという事になるのであればUAWは妥協したのではないか。

モラルハザードは懸念されるが既にアメリカンエクスプレスの救済等、銀行以外に金融安定化法案が利用されている。

救済しても、売れる車を開発する事が出来なければ破綻の先送りに過ぎない。

LEDで農業
科学的な仕組みは分からないが、消毒無しのイチゴなどが作れる。
花芽が早く付いて木が活性化する為、消毒しなくても実がつく。

薬害C型肝炎訴訟が提訴から約6年で決着
事実上の和解
日本製薬が謝罪

初代新幹線さよなら運転
posted by 本気らいふ at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 考える前(情報クリップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

081212朝のニュースから

与党税制大綱
消費税増税、麻生総理、3年後の実施を中期プログラムに盛り込みを求めるが、公明党が反対。
「経済の好転後、2010年代半ばにやる」と譲歩

タバコ税見送り
省エネ自動車減税、新車以外に対象拡大
中小企業法人税、22%から18%へ減税

オバマ氏、救済法案の週内成立に期待
自動車大手に対する国民の怒りはもっともだが、破綻を傍観出来ないとした。

米失業保険26年ぶりの高水準
57万3000件、前週比5万8000件増加

米住宅差し押さえ対策の効果?
11月調査で25万9085件、前月比7%の減少。しかし今後は失業増加等で差し押さえは増加が見込まれる。年間88万件→100万件

石油需要25年ぶり減少の見通し
OPEC議長、大幅減産決定の可能性を示唆、原油価格は急騰


貨物輸送に急ブレーキ

運送業界にとって最悪の年になるか。トラックや鉄道車両の受注も減少予測

個人宅等で行われるプライベートセールが人気
このご時世に高級品を買うのは体裁が悪いということで、周りの目を気にせずにショッピング出来るのが人気、収益の一部がチャリティーに寄付されるとしているものも人気で、罪悪感の軽減が鍵になっている模様。

政策投資銀行がCPを直接購入
FRBがやったからやりやすかろう。

スイス、ゼロ金利政策

日銀の景気判断を下方修正
『悪化』という表現を検討

有能人財を発掘する動き
縮小する会社から出る有能な人材を得ようとする動きも増えている。サーチファームジャパン社への引き合いは増えているという。

即戦力を欲しがる傾向が強い。

6カ国協議、成果無く休会

反麻生の動き?勉強会が乱立

通り魔事件過去最多
通り魔による死亡者も過去最多

ギリシャ暴動6日目
警官が少年を射殺した事がきっかけ。

二階大臣が雇用確保を要請
口約束に過ぎず、政府側の演出に過ぎない。この程度で国民の不安が解消される事はない。公的なセーフティーネットの充実という、本来の仕事を政府は推進するべきである。


一旦は安心感が広がったビッグ3救済だが、もう不安が広がっている。
(日本時間の昼の段階で、この不安は的中する)


増税に触れたがる自民党は、「人」を見ていない。社会は自然科学のようには動かない。人間は感情で動く動物であり、しかも自分で環境を変化させるチカラがある事を過小評価しているのではないか。

人の心が上向く事で、奇跡的な回復や向上が引き起こされる事もあるが、逆もまた真である。
posted by 本気らいふ at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 考える前(情報クリップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

081211朝のニュースから

麻生総理、消費税率の引き上げ時期の明示を指示
公明党は反対。調整は難航の予想。

第三のビール、シェアが発泡酒抜く
消費者の防衛意識の表れか

ガソリン120円割れ3年8ヶ月ぶり、小売価格18週連続下落

Citi参加の日興コーディアル、早期退職に1000人以上応募
全社員の1割程度、契約社員等が大半。応募者に年収2倍の割り増し退職金

ビッグ3救済法案で合意

最大140億ドルの公的資金投入
リストラの徹底を求める経営監視人を設置
ビッグ3に対して来年3月末までに長期計画の提出を義務づけ
未提出なら
追加融資取り消し&それまでの融資を30日以内に返済
納税者保護の観点から、米政府への議決権の無い株式の取得権

共和党、シェルビー上院議員が「このカネは絶対に返って来ない、憶えておくと良い、返って来ない」と語っている姿が印象的だ。

上院での採決が困難である事が予想された。

GM子会社、銀行化を断念する可能性
銀行持ち株会社に移行して公的資金を得たかったが

ソニー米テレビ生産から撤退
ピッツバーグの工場を閉鎖する

FRB債券発行を検討
債務を負う事になるので中央銀行の健全性に疑問

オバマ経済対策に期待、インフラ関連株価

株価はGDP5%マイナス程度は織り込み済みか
株価は下げ過ぎとの分析があり。

韓国に2.8兆円融通
急激な円高を防ぐ効果もある。

三井住友7000億円に増資を拡大
資金需要に対応する

アメリカ短期国債金利マイナス
カネを支払ってでもリスク回避したいという動き

省エネ自動車に減税
ハイブリッド車等、省エネ自動車の重量税、取得税を最大で3年間非課税にする方針固める(新車購入のみ)2000億円規模の減税


無料サービス

無料の年賀状:メディアインデックスのTipoca。ネットで申し込むと1人最大160枚まで抽選で貰える仕組み。公共料金明細のはがきみたいにはがきの中面がめくれるようになっており、ここに広告が入っている。独自のお年玉くじもついている。

年賀状は捨てられない。開封率も高いと推測して、高いパフォーマンスの広告媒体と見込んでいるらしい。

レシピカード:ごはんミュージアムにて。クオリティは高い。

医療費の無料化:東京日の出町、来年4月から75歳以上の医療費の自己負担分を無料にする事を議会で可決。

医療費に費やすお金が衣服や食料品等に消費される地域経済活性化を期待。

人気の有料サービス
車の試乗:アムラックストヨタにて最新車種を有料で。となりに店の人が座らない。高速以外はどこを走っても良いので、納得いくまで試せる。
posted by 本気らいふ at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 考える前(情報クリップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

081210朝のニュースから

世界銀行曰く、世界の成長率が過去最低になると
1970年以降過去最低の成長率を予想。
アメリカ:-0.5%
日本:-0.1%
ユーロ圏:-0.6%

新興国はプラスだが、減速するという予想。

新興国がひっぱる経済から、不確実な経済状況になる。

航空業界7年ぶり減収に
旅客需要が落ち込んでいる。

広告支出、戦後初の減少
トリビューンも破綻したし。

ビッグ3支援で交渉続く
ペリーノ報道官『9日に合意出来るか分からない』
経営介入の項目が過度に盛り込まれている事に政府が難色を示している。


公共投資策、量的緩和の方向での動きが見えて来ているが、間に合うかどうか。既に使える手は使い切っているのではないかという不安も市場にはある模様。

メリルリンチのセインCEOがボーナス9億円を要求していた
ボーナスの受け取りを結局は辞退したが、世間の流れが見えない奴が、金融なんて世界のCEOをやってるというのは……。

大企業が銀行借り入れにシフト
市場調達を避けて銀行借り入れをやると、その分、中小企業に資金が回りにくくなる。年末資金が死活問題になるのは中小企業の方。

日本の小中学生、理数学力横ばい
今回の結果に文部科学省は「学力低下に歯止めがかかった」と言っているが、全科目で5位以内になっているとか、そういう事ではなくて、以前の学力低下を招いた要因であるとか、その後、歯止めはどうかかったのかとか、そういう事を調査して未来に活かさなきゃ意味が無い。

マグロ需要不振で価格下落
景気悪化で需要不振、原油安で漁船の操業再開による供給増。高い時には売るモノを用意出来ず、用意出来るようになると安値で叩かれる。これが多数派の世界。

ダウ反落
利益確定が先に来る。業績の下方修正も続いており下落している。相場に上昇のチカラは無い。

ソニー1万6千人削減
正社員契約社員を8千人
派遣社員などを8千人
製造拠点1割削減
エレクトロニクス事業への投資を3割削減

こうした人員削減は、早くやったもん勝ちという側面がある。皮肉な事に人員削減のニュースが流れると株価が上がる事が多い。

だが、それに味をしめて、あちこちの企業が人員削減をやらかすと、社会全体が落ち込んでしまう。結局は、行くところまで行かないと気が済まないという動きをするのがマーケットというもの。

厚労省、緊急雇用対策
解雇された労働者用の住宅確保>雇用促進住宅を活用する
内定取り消し企業の公表>来年1月以降、可能になるようにする
入居する為の資格とか、それを確かめる方法はどうなるのやら、多分、このあたりの不備で問題が発生する事になると予想する。
内定取り消しを公表した所で、何がどうなるというのか、公表しても取引は減らないだろうし、求人も減らない。内定という企業側に都合の良い雇用契約を撤廃するか、内定=雇用として、内定取り消しには一般の解雇と同程度の縛りを入れなくては意味が無い。

消費税は社会保障に使う
使い道を明確にする事で引き上げ可能に

住宅ローン減税、最大で600万円
長寿命住宅だと600万、一般住宅は500万が上限、来年1月以降の入居者が対象となる。所得税、住民税から控除、省エネ住宅への改修にも適用されるとか

イオン1万円の商品券で割引
1万1千円使える商品券を1万円で販売。もちろんイオンでしか使えないし、使用期限もある


自民党がごたごたしている。麻生に反発する動きを演出する暇があるとは呑気なもんだが、民主党もボケーっとしているし。

ビッグ3のCEOは年俸1円にしているが、政治では失策でも年俸1円なんて声は出てこない。麻生さんは経営を分かっているとか言い張ってるが、それなら年俸1円で総理やってご覧なさい。

社長をやっていた経歴を誇っていらっしゃるが、社長になるのは誰にでも出来る事。社長になっている間に、事業を拡大、成功させた実績が無くては「経営がわかっている」なんて恥ずかしくて言えない筈。
posted by 本気らいふ at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 考える前(情報クリップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

081208朝のニュースから

WTO案、例外品目は6%
農業分野で例外的に高い関税を認めるのは原則として全品目の最大6%、日本は8%をめざしているので厳しい。

世界の債券発行77%減
金融不安の現れ、企業の資金調達も難しくなっている模様

パナソニック、ロシア、中東の白物家電市場に進出
中期的成長を見込む。

住宅機構、フラット50登場
200年住宅等、高性能住宅が対象となる
フラット35よりも高い金利
満80歳までに完済するか、子供が引き継いで完済する事が条件

ノジマ新卒採用5割増
他の企業が採用を減らしているので人財獲得のチャンスと捉えた。

ビッグ3救済法案週内採決へ調整
反対論も根強い。融資額や再建監視の枠組み等調整をすすめる。

オバマ語る「単に破綻させる事は出来ない、支援はするべきだが、大幅な構造調整をする事が支援の条件。全ての利害関係者がリストラに取り組むべき。」

賛否両論、オバマ流経済再生
民主党州知事>「雇用増加で長期的に景気回復のきっかけとなる」
共和党>「政府がカネを出せばいいわけじゃない」
与野党を超えた一致団結が出来るかどうかが鍵。


アメリカ年末チャリティー寄付額、21年ぶりに前年を下回るか
10−11月期の寄付額が、前年比で34億円マイナス。


金をかけてでも、歴史的なイベントへ
大統領就任に家族4人で出かけると100万近くかかるらしい。


麻生、「地方に公共事業を」
地方はまたしてもなめられるのか、目の前に餌をぶら下げれば飛びつく愚民だと思っているのが良く分かる。

それでもやっぱり地方票獲得には効果的なのだろうか?そこまで国民が愚かだとは思いたく無いが。

「100%を求めないでほしい」と泣き言を言う場面もあったという。誰も100%など求めてはいない。最低合格ラインを求めてるだけだ。

高得点は既に諦めているから、消去法で仕方なく小沢民主党に流れているだけの話だという事が全く分かっていない。呑気な首相である。


プリクラでチロルチョコ
高性能なプリクラが登場、チロルチョコにも出来るらしい(45個で2362円、2〜3週間で到着)


鉄鋼減産
「休風」とは高温空気の送風を完全に停止せず、高炉内部の鉄が固化しない程度に制御する事。もちろん高炉に鉄鋼原料は入れない。高炉はいわばアイドリング状態で温めたままにしておく事。

高炉を完全に止めると再起動にものすごい時間と費用がかかってしまう。

鉄鋼関連では前回の落ち込みの時にはJFEが誕生してから上昇に転じている。今回もグローバルで合併等の動きが注目される。


アメリカ住宅ローン金利が急低下
住宅購入意欲が高まれば、住宅市場の底入れが早まるかもしれない。
ただし、
住宅価格の下落もキななる現状ではそううまく行くかどうか疑問


日揮、アルジェリアで発電所保守事業に参入
世界の中では高い成長率を維持しそうだと言うが、社会が不安定なアフリカ諸国に期待するのはどうなんだろう?


11月の企業倒産
注目されるのは、中小企業よりも大きなところに波及している様子が出るかどうか、同時に金融政策の効果が出ているか。
posted by 本気らいふ at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 考える前(情報クリップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

081205朝のニュースから

GM経営のミスを認める
ハイブリッド車で乗り付け、議員に挨拶して回り、経営方針の間違いを認め、支援を懇願する姿。

ここまで節操がないと、逆に気持ちいいかも。格好付けてる場合じゃないって時は、このぐらいやるのは最低ライン。ただ、再建計画の内容がねぇ。

しかし、最大のミスは、この全てを前回の公聴会でやっておかなかった事だね。

ヨーロッパで大幅利下げ
ECBは0.75%下げて、2.5%に
ユーロ導入以来最大の下げ幅

イングランド銀行は1%引き下げて2%に
57年ぶりの過去最低水準

アメリカ失業保険継続受給者数408万人
26年ぶりの高水準

AT&T1万2000人削減を発表
失業率は8〜9%に向かうか

11月チェーンストア売上高、前年比2.7%マイナス
35年ぶりの不振。消費者は値下げされたものしか買っていない模様。

ロックフェラーセンターのクリスマスツリー点灯
来月九日まで点灯。込んでるんだろうなぁ。

パナソニックはGS合意無しでTOBか
一株130円程度の買収価格にGSが買収提案を拒否。

キャノンや東芝も人員削減

ENEOSとJOMOはM&Aして、大規模な合理化
人を切る話ばかりですねぇ。


気になったモノ
バッファロー「マイクロUSBメモリー」
 マイクロSDカードの装着方法に驚き!その手があったかって感じ。


税収見通し6.5兆円下がる、国債発行30兆円超
法人税収は大幅に下がる。所得税も株安等の影響で増収を見込めない。

野村、ヨーロッパで最大1000人規模の人員削減
買収したアレは、資産になるか負債になるか……。

麻生の発言がコロコロ変わる件
コメントするのもバカバカしい。リーダーシップを演出しようと強気な事を言っては、直後に訂正。

演出なんざどうでもいいから仕事してくれ。


クラウドコンピューティング
今朝のテレビ東京のモーニングサテライトで取り上げていた。

しかし、「クラウド」の意味の説明がいい加減なものが多くて困る。

NHKなどでは「雲の上のコンピュータ」なのでクラウドと言っているなんて馬鹿な事を言ってる番組もあった。一応、「どこにあるか分からない」という意味だとか言ってるが、雲の上というのは、日本語で一般的に高度だったり高貴だったり、そういう意味をイメージさせるんで、誤解させる可能性がある。

モーニングサテライトでも「どこにあるか分からないコンピュータ」を雲(クラウド)に例えているなんて説明をしている。

NHKよりはマシだが……やっぱりこの説明はニュアンスが違う。

ネットワーククラウドから来ている言葉なんで、要は単純にネットワーク上にあるコンピュータという意味だと説明した方がシンプルで誤解も少ない筈だ。

それにしても、インターネットで提供されるサービスは、なんでもクラウドコンピューティングって事になっちまうんで、これって意味があるのか?と思う。

目新しい名前を付けて、無理矢理盛り上げているような気がするんだが……。
posted by 本気らいふ at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 考える前(情報クリップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

081204朝のニュースから

新日石と新日鉱が経営統合へ=来秋めど

原油価格は最高値から3分の1になったと言われるが、長期で見ると、今の価格が従来の高値圏だった。以前の高値が底値になっている。

今から競争に備えるという事か。

西友が家電量販店みたいな事を始める。
西友よりも安い値段を提示した他店のチラシを持って行くと値下げするという

レノボも5万円パソコン市場に参入


アメリカADP統計が予想以上に悪化している。


アメリカで給料貰っている時に、給与明細にはこのADPのロゴがついていた。そういう事業を行っているADPの統計は実体に近い。

ゴールドマンサックスがネット銀行?

預金を集めようという事なんだけど、つまりは他人のカネを集めて自分のものにするという事で……。

商用不動産担保証券の利回り乱高下

11月のポールソン財務長官発言以降、乱高下して暴落したところをうろちょろしている。

不良債権を買い取らないと発言した事が、かえってより多くの資本注入
を必要としてしまった皮肉

アメリカ金融大手の決算予定
12/16:ゴールドマンサックス
12/17:モルガンスタンレー
01/13:シティグループ
01/22:バンク・オブ・アメリカ

怖いねぇ。これで底打ち?いや、ここからが本番?

キーワード

光岡自動車
ワイヤーアラーム
クリスマス限定商品

アメリカビッグ3救済はどうなるか
本来なら助ける必要はないが、ずっと保護していた事によって、切るに切れない状態になっている。実はアメリカ人もビッグ3の救済には反対だという。

明らかに経営が甘いにも関わらず、それを税金で救済するというのは受け入れられない。北米現地生産の日本車メーカーの存在も、ビッグ3に対する風当たりの強さになっている様子。

今頃になってハイブリッド車や電気自動車の計画発表なんてのは、怠慢以外のなにものでもないワケで。議会はまとまらないとの見方も強い。

12/04:上院公聴会
12/05:下院公聴会
来週:審議入りか?

トヨタも大きく売上を下げているが、研究開発費は削らないという。この差は大きい。市場が厳しくなった時には、どんな援助も助けにならない。自力で生き残るチカラがあるかどうかで決まる。

日本製造業にはチャンスの時か?だが、この不況に後ろ向きな精神でいてはチャンスを生かせない。不況だからこそ前向きに立ち向かう姿勢のある会社が伸びると予想する。

信用バブル崩壊はどこまで?
1929の大恐慌みたいにはならないと論じるエコノミスト、アナリストが多く見受けられるが、マーケットが過剰に反応している事によって、実体を無視した異常な動きが出て来る事もある。

特に「信用」という見えないものが相手のバブルなのだから、泡がもうなくなってからも実体が「泡」の一部と見なされて弾けるという事も十分に考えておかなくてはならないだろう。

クラスター弾使用禁止
米ロは不参加なので、実効性は全く無いと言えるだろうが、何事も焼け石に水から始まる。被害者対策に7億円出す日本はカモられているという意見も出るかもしれないが、適切に被害者に渡るようなら、その徳によって将来日本が救われる事もあるかもしれない。

耕作放棄地改革プラン
企業が農地を持ち易くする事には、まだまだ不安が根強い。浅い考えで行えば、大型ショッピングセンターの進出で個人商店がバタバタと潰れたあの事態を、農村に巻き起こす事になりかねない。

土地に愛着を持たない企業が、収益だけを理由に結果として土地を荒らし、地方経済を荒らすような事にならないよう、規制に工夫が必要であり、そこが政治の腕の見せ所だが……はて?

ただ、ショッピングセンターの進出によって、やっと自己の改革をしようという意識の芽生えた商店街の例にもあるように、現在の農家の意識も変わらないではいずれ淘汰される。静かな死よりは、死にそうな目に遭いながら強くなる方が、結果として先祖伝来の地を守り、子孫の繁栄に繋がるかもしれない。
posted by 本気らいふ at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 考える前(情報クリップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

レバレッジは、怪我のモト

レバレッジという言葉が流行し、人脈にレバレッジを効かせるなんて本まで出ている。

が、

このレバレッジという言葉の使われ方に問題を感じる。

「最小の努力で最大の成果を出す」

という意味で使われているのだけど、

この時に、重視しているのは次のどちらか

「最小の努力」だろうか?

それとも

「最大の成果」だろうか?


最小の努力の方に心がフォーカスすると、「出し惜しみ」を誘発する事になり、本来やるべき事まで省力化しようとするから、最初から成果が出なくなってしまう。

レバレッジは梃子の意味だ。

少ない力で大きなものを動かすという事だ。

だが、どんなに大きな梃子を用意しても、

そこにかけるチカラがゼロだったら、動くワケが無い。


梃子の役割を果たす「システム」を構築しようという話は数多い。

だが、「システム」が完成していない事を理由に、自分の力を出し惜しむという場面を見かける事が多い。

足し算でなく、掛け算の成果を目指すのがレバレッジなんて言われているが、

結局は入力が小さければ、いくら掛け算しても意味が無い。

自分のチカラがしっかりあるから、掛け算をした時の効果が大きくなるのだ。

地道に自分の力を積み上げる足し算も疎かにしてはならない。
posted by 本気らいふ at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 考える前(情報クリップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

電子マネーの実感の無さの利点、欠点

電子マネーの中でも、サーバ型は実体がない。

実感の強さについては、

現金
クレジットカード
IC型電子マネー
サーバ型電子マネー

といった順位になるだろう。

貴金属は価値をそれ自体が表現する現物といわれているが、現金の方が強いだろう。位置づけとしては、決済手段としては電子マネーよりも扱いが悪いので、現代ではゴールドなどはマネーとは言えないと考える。
続きを読む
posted by 本気らいふ at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 考える前(情報クリップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

アメリカはパキスタンと

パキスタンとの強い結びつきを強調している。

http://news.bbc.co.uk/2/hi/south_asia/7528112.stm

テロといえばイスラムという公式が正しいとは思わないんだが……。

さて、何と戦っているのか良く分からなくなって来たな。

その分からなさを利用して、本当に欲しいものはかっさらって行くという事なんだろうか。

アメリカが没落するなんて事を本に書いている人が居るけれど、いやはや、彼らの抜け目無さ、底力を過小評価しすぎていると思う。
posted by 本気らいふ at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 考える前(情報クリップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宇宙旅行、ちゃくちゃくと。

http://news.bbc.co.uk/2/hi/americas/7529978.stm

ブランソン氏の宇宙旅行会社、着々と進行中だ。

posted by 本気らいふ at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 考える前(情報クリップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アムネスティインターナショナルによると、北京オリンピック開催によって、中国の人権に対する環境は、むしろ悪くなっている模様。

アムネスティインターナショナルによると、北京オリンピック開催によって、人権に対する環境はむしろ悪くなっているとの事。中国当局は経済発展により状況は改善したと言っているのだけど、アムネスティはそれとは逆の事を指摘している。

http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/7529453.stm

マスコミへの圧力、ウェブの接続規制、刑務所での暴力など、オリンピックの為になりふり構わずの姿勢が、人権を抑圧しているとアムネスティインターナショナルは報告している。

なんと、中国政府は「労働を通して再教育する」という事を公言し、実行しいるという、その意味するところは容易に想像出来る。

世界のリーダたちがオリンピックに出席する事は、こうした違反行為を暗黙に認めた事として利用される可能性があるとして、アムネスティインターナショナルは世界のリーダー達に訴え続けて行くとの事。
posted by 本気らいふ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 考える前(情報クリップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

価値は、「お金」という前提なのか?

脳は損失をどう捉えているのかについて、なるほど〜な文章なのだけど、『本当に1万5000円儲かったのか?』という部分にちょいと異論。

脳は損失に過敏--> 本当に1万5000円儲かったのか?
http://business.nikkeibp.co.jp/article/nba/20080624/163558/?P=2

引用ここから
──5000円で購入したワイン。今ならオークションで2万円で売れることがわかった。しかし結局、売らずに飲んでしまった。さて、この時のコストに関して当人にはどんな感情が生まれるだろうか。

 統計によれば「1万5000円儲かった」と嬉しく感じる人が約25%もいるという。「もし今買って飲むとすれば2万円も支払わないといけないところを、5000円で済んだ」という計算であろうか。

 確かに消費者の視点では、ついそう思ってしまっても不思議ではないが、よくよく滑稽な話である。冷静に考えれば分かるが、経済学的には「2万円損した」というのが正解だ。「仕入れだけはしたが、2万円で売れるワインを無価値にしてしまった」のだから。

引用ここまで

経済学的な考え方が、この通りだとすると、やはり経済学というのはまだまだ若いと言わざるを得ないだろう。

経済というものが金という枠組みに縛られている事を表しているからだ。

ワインを飲んでしまった人のうち、25%が「得をした」と感じているというのも滑稽なのだが、

「価値というものは必ず貨幣で表されるのだろうか?」

という疑問がなぜ提議されないのだろう?


例えばそこにあるワインに20万の値がついても、200万の値がついても、誰も飲まなければそこに価値などあるわけがない。

このワインを消費者が予め転売する目的で購入していたのだとすれば、これを飲んでしまうのはこの著者が指摘する通り、

「仕入れだけはしたが、2万円で売れるワインを無価値にしてしまった」


という事になる。

だが、予め飲みたいと思って購入していたとしたら、逆にこのワインを2万円で売る方が「ワインを無価値にしてしまった」事になる。



常により多くの金を集めるという事だけが、目的と仮定されるというのは、現実を全く反映していない。

ある人にとって、家を買う事は、自分がそこに住んで癒される場を得るという価値をもつ。

だが、ある人にとっては、転売して儲けるなり、人に貸して利益を得ることによって価値をもつ。

なにが価値をもつのかは、それぞれの人の決める事だ。
posted by 本気らいふ at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 考える前(情報クリップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。