新着記事

2005年09月28日

やってみたモン勝ちで終わるなよ〜杉村太蔵議員

とても26歳の社会人の会見とは思えなかった。

議員としてではなく、26歳の社会人として「未熟」「幼稚」だ。

<杉村太蔵議員>党本部で会見 神妙な態度の受け答えに驚く
 「料亭に早く行ってみたい」に始まる数々の“放言”で物議をかもした自民党の新人衆院議員、杉村太蔵氏(26)が27日、「反省の気持ちを示すため」党本部で記者会見した。「国会議員としての自覚が足りないまま幼稚で無責任な発言を繰り返し、心からおわび申し上げます」と神妙な態度で受け答えして、集まったワイドショーのレポーターらを驚かせた。


付け焼き刃の神妙さは、物笑いの種でしかなかった。

 連休中に本を読み、自分を見つめ直したという杉村氏。しかし、読んだ本は「1冊」で、書名は「プライベートなこと」と明かさなかった。「しかられた生徒のようでかわいそうですね」と質問されると、「全然かわいそうではありません」ときっぱり。


とあるが、「かわいそう」というのは他人から見た外見である。「かわいそう」と言われてしまう事自体が問題であり、それを言葉で否定しようとする姿が「かわいそう」である。

 杉村太蔵議員は初当選以来、テレビのワイドショー番組や週刊誌の取材などに対し、「料亭に行きたい」「グリーン車乗り放題」「国会議員の給料は2500万円」「議員宿舎は3LDKで楽しみ」などと発言していた。初登院では平の会社員から転身した自身を「ヒラリーマン」と表現し「ヒラリーマン根性が抜けなくて……。ヒラリーマンが議員になってどう感じたか、皆さんに伝えたい」と話した。


という具合に「ヒラリーマンの代表」を自認している杉村氏だが、ヒラリーマンの平均以下の彼が代表面をするのは勘弁してもらいたい。

世間一般のヒラリーマンでも、ここまで酷くはない、あのような態度、発言を繰り返すヒラリーマンが民間企業で通用するワケが無い。

彼が議員になる前に勤めていたドイツ証券を見てみたいものだ……って派遣社員だったんだから仕方ないか。

実は仕事が面白くなくて、辞めようかと思っていたタイミングで衆院選候補募集が目に入ったんじゃないのか?

「フリーターになるよりマシ」だから衆院選候補募集に応募してみただけなんじゃないか?

と疑いたくなってしまう。

まあ、もしそれが本当だったとしたら、衆院選候補なんてものは軽い気持ちでなるのが正解!という事か。

もしも彼が燃えて打ち込める仕事に出会っていたら、衆院選候補募集に応募しただろうか?

何の地盤も無いのに選挙に出て、選挙活動は「1回だけの演説」というやる気の無さ。

しかし、どうせ仕事を辞めるなら、衆院選候補募集に応募してみようという行動が生んだ結果には、考えさせられるものがある。

普通に常識的な人間なら、応募する前に「無理だ」と諦めてしまうだろう。

30分で書き上げた論文で応募するなんて非常識が出来てしまう彼は、その行動のお陰で、

1)年収2500万円&文書通信費が月に100万円
2)東京の一等地で3LDKの議員宿舎
3)グリーン車乗り放題
4)解散しない=4年間の正社員生活

を手に入れる事になった。

「絶対に無理」と言い張る人をよく見かけるが、やってみると可能性はゼロではないという事を教えてくれる出来事だ。

同時に、手に入れた幸運に舞い上がって調子に乗るとピンチに陥るという良い例でもある。

特に分不相応な幸運を手に入れたときは、自分自身のレベルアップが必要になるという面倒さもくっついて来る事を忘れないことだなぁ。

今の杉村議員は、「議員」として認知されて居るとは言えない。

単なる客寄せパンダの立場だ。

その立場のままで満足するようなら、議員として以前に、男として情け無い。

まあ、私がそんな事を書くのは余計なお世話というものだが……。

ん〜、なんか憎めない奴って感じで、行動も発言も不愉快な奴なのになぁ。

そういう天性のキャラに関してだけは、既に議員合格という事なのかもしれない。

どうせなら化けてくれ。そうすりゃもっと楽しい文章が書ける。

第44回衆議院総選挙は自民圧勝、女性は最多 - ニュース
posted by 本気らいふ at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | どぉ〜なっちゃってんだよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。