新着記事

2011年12月26日

内部告発した人を解雇や左遷しにくい仕組みをなぜ強化できない?

韓国ネタが多い放送局にデモとかね、そこのスポンサー企業への不買運動呼びかけとかね、そういう事はやる人多いけど、これは野放し。だから企業さんは痛くも痒くもない。



要は消費者のレベル程度の企業しかそこには根付かないという事。

欧米に比べたらとかって言い訳は無し、理想としてはって考えようよ。

内部告発をした人を解雇したり左遷したり、そういう事を規制する法案がどうして強化されないのかな?奇妙だよね。

三菱自動車工業の問題なんて死者が出てたのを何年も隠蔽していたよね。で、その期間、隠蔽に加担した従業員たちは何の罪の意識もないってのは変じゃないの?

そういう事を問題にしないでいるのはとてもおかしな事だ。当事者意識なく殺人の片棒担いでいてもそれでいいって日本の大企業で大人がやってるんなら、学校でいじめやって誰かが自殺したって知らん顔って子供が育つのは当たり前だよ。

現実として、それをやると企業活動がとか、儲けがとか言い出す奴らを僕は嫌悪する。

そんな現実、どこにある現実なんだ?ハッキリ言えよ、何も変えたくないし変えるのめんどうだし、自分の身にそれが降り掛かったって諦めちまったほうが楽なんだって、そういう無様な人間なんだってハッキリ言えよ。

結局何年経っても、こういう肝心な事はやらない。

この法案の強化があれば、福島原発事故だって防げた可能性はあるかもしれない。

そういう事すべてに広範囲に影響するものをほうっておいて、いつも感情論で振り回されてばかりだから、悪知恵の働く企業だの官僚だの政治屋にしてみればラクなものだよ。

目先の問題に囚われていれば、現状維持以外の方策なんて出てくるわけが無い。

脱原発に噛み付く人達の論理で、働いてる人はどうするなんてのがあるけど、その言葉、炭鉱閉鎖が相次いだ時代に、石炭に関して同じ事を言っていたらどうなったか考えてみれば分かるよ。

それとはちがう?ああ、そうだね、石油にしたほうがみんな儲かったって言いたい?なら儲けのためなら原発事故も許容しろってのが論理の根幹になるんでしょ?

なら、原発より儲かる構造の新エネルギーが出てくれば原発作業員の生活なんざ奪われてもいいんだよね?なら、彼らの生活を心配してるふりするような言動はよせよ。

そうすれば、単純に、コストの見積もり方の問題になるから分かりやすくなるんだ。

事故が起きた場合まで含めたトータルのコストを考えた場合にどうだ?ってだけだからね。

時代は変わる。

原子力だって資源枯渇の問題を抱えている繋ぎのエネルギーに過ぎないってのに、それに膨大な危険コストがかかってる。そこが問題だ。

いずれは枯渇するんだから、原子力を飯の種にしてる人々だってかつての炭坑労働者のようになる未来が待ってるのは分かりきってるんだ。なら、それに備えとかなくちゃねってだけなんだけどね?

今、原発を止めたら仕事が無くなる?そうかな?解体作業や廃棄物処理でこの先何十年も仕事はあるよ。原子炉操作の仕事ならそのノウハウを欲しがる外国もあるだろう。それもいずれはなくなると思うけどね。

さて、内部告発の話ね。

これは非常に大事な事でね、内部告発をする人を守らないと危険な状況になるという事は、企業活動が大きな影響力をもつ現代においては当然の事で、それを強化出来ないなら政治は機能してないって事になる。

こういうところで企業の利益を優先して国民を犠牲にするような事をやっているってのは、さて、野放しでいいのだろうか?と、

人の善意を積極的に認め、それを引き出す仕組みを取り入れなくては政治だの法だのは何の力も発揮できなくなる。

人を縛る鎖としての法ばかりを作ろうとする国は、その鎖で自分を縛って重みに沈んでいくだけだ。
posted by 本気らいふ at 15:15| Comment(2) | TrackBack(0) | どぉ〜なっちゃってんだよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
内部告発しにくい仕組みをなぜ強化できない?

という日本語、主張と逆じゃない?
Posted by ipad at 2011年12月30日 15:32
iPad様、ご指摘ありがとうございます。いやはや、題名が意味不明になってましたね。お恥ずかしい。
Posted by このブログ主 at 2012年03月13日 04:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/242724164
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。