新着記事

2006年08月03日

パフォーマンスには別に文句ないけど

今回は今まで通りにはいかんだろうなと思ってはいたけれど、ん〜あの内容では実質負けでしょう。

いや、別にボクシングでは負けてないよ。なんだかんだで審判は日本人じゃないし、そういう意味で昔よく言われたホームタウンデシジョンってのは理屈に合わないしね。

プロの審判が亀田の勝ちだって言うんだから、それはもうOKだ。

でも、ボクシング的には勝ちでも、亀田ブランドとしては負けだろ?

<亀田興毅>中継のTBSに電話殺到
 WBA世界ライトフライ級王座決定戦「亀田興毅対フアン・ランダエタ」戦を2日午後7時半から約2時間半、生中継したTBSには試合直後から視聴者からの電話が殺到し、かかりにくい状態が続いた。呼び出し音の後に、電話が込み合っていることを知らせるテープが繰り返し流された。電話の大半は、判定への抗議とみられる。

 放送を見て毎日新聞に電話してきた男性は「亀田選手には勝ってほしかったけど、試合の結果に納得できない。この怒りをどこにぶつけたらいいのか」と憤っていた。

 TBSの広報担当者は「判定がおかしいのではないかという苦情と、番組開始から試合まで時間がかかったことについて苦情があった」と話している。


亀田が相手選手を挑発するのを非難する声も多い。

スポーツマンシップがどうのこうのと寝ぼけた事を言ってる奴もいるが、

サッカーでも相手のシャツを引っ張るとか、審判に見えないところで肘入れるってのが世界なんだから、

そんな甘い事を言ってたら勝てるものも勝てないっての。


ボクシングでも、大口をたたく事でのし上がったと言えば、カシアスクレイ(アリ)でしょう?

あの大ボクサーってば当時では考えられないほどの挑発をやりまくったワケで、現代において亀田がやってる挑発なんて小学生の悪口みたいなかわいいもんだってば。

亀田の挑発パフォーマンスを下品だの何だの言うのなら、モハメドアリの事もキッチリ否定しなさいって。


ただし、

大口たたくってのは、追い込んで自分の強さを引き出すって事なわけで、

今回の試合内容程度では、亀田の大口、挑発に見合った成果は出てないからね。

ああいったパフォーマンスで盛り上げたら、絶対に誰にも文句言わせない勝ち方をするしかないのに、それが出来なかったってところが問題。

大ボクサーであるカシアスクレイには、それが出来ていた。


私はああいうパフォーマンスも含めて勝負だと思う。

似たような事は宮本武蔵もやっていて、兵法書としても残っている。

ただ、今回はそのパフォーマンスも中途半端だったからね。

だって、計量の時に、相手の挑発に乗ってペースを乱したのは亀田側だったからね。


正直、あの計量の時の騒ぎを見て、今回の亀田は負けると思っていた。

フルラウンドは戦えないだろうと予想していた。

なんとなく背中が小さく見えていたし、パンチの鋭さも感じられなくて、

それでも結局は12ラウンドを戦い切ったからね。

そう言う意味では評価するべきなんだろうと思う。


しかしね、

亀田ブランドにとっては、ボクシングに勝っても意味は無いはずなんだよ。

どうせなら豪快に負けて、それでもファンは付いてきて、亀田はボロボロの姿で大口を叩いてみせる。

そういうところで勝つ事が大事なんだと思うんだがね。


とりあえず、ボクシングに勝っておめでとう。

ただ、今回の試合に勝った事は、亀田というブランドにとっては痛手だったと判断。

よって、トータルでかなりダメージの深い負けだな。


正直、最後に叫んだ

「どんなもんじゃい!」

は、興醒めだったよ。

むしろ自分を殴りつけて、

「こんなベルトで納得でけへん! 」

ぐらいの事を叫んでくれるかと思ってたがな……。


まあ、客を楽しませるというか、そういう観点ではなく、

ベルトさえもらえれば良いという戦いだったのかなと、

泣きじゃくって喜ぶ亀田と、あの試合のベルトを巻いてもらって喜ぶ親父ってば、急にリトルリーグのトロフィーもらった親子みたいに見えてしまってね。


ただ、ボクサーとしては有望だと思う。

あの若さで、序盤にダウンしたってのに12ラウンド心が折れなかったし、スタミナも持続した。

その意味ではこれからも期待したい。

が、試合前のパフォーマンスに対してはもう期待出来ない。

ああいったパフォーマンスは、観客を納得させる結果が出なければ逆効果になるという、リスクの高い博打なのだ。

そして、結果というのは、試合の勝ち負けではなく、観客が何を感じたかで決まるものだったりするのだ。
posted by 本気らいふ at 05:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21854792
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。