新着記事

2011年05月28日

ユニクロ誕生感謝祭に学ぶ

ちょっと経営コンサルっぽい事も書いてみるか。

朝6時までに並んだ客のうち、
 *先着100名にアンパンとお茶の配布。
 *全員に抽選引換券(50人に1人が最大1万円値引き)
 *1650円以上お買い上げでカラーソックス1足プレゼント

これで朝からお客を集めてる。
ニュースにもなる(数年前に大きな話題になった)ので無料宣伝になる。
これが朝のニュースで流れると、すでにアンパン配布などは終わっているが、感謝祭価格の商品がある事を認知してもらえるので、テレビのニュース取材が来客を促す事に繋がる。

朝の客寄せから、その客寄せをニュースにしてもらって、その後の数日の集客に繋げていくという流れがつくられている。

数年前よりも話題性は低くなったとは言え、まだ十分な話題になっている。それが証拠に、店内では友人にどの商品が安いといった事を知らせる若者が数人。こうしたクチコミ効果もかなり大きいと考えられる。


抽選割引券は、当たればその時の会計で最大1万円まで値引きとなるので、もしかしたらと1万円あたりの購入をする「言い訳」を用意している事になり、客単価の向上になっている。

また、1650円以上お買い上げでカラーソックス1足プレゼントは引換券を持っている全員が受け取れるものとなるので、1650円以上の買い物をする客がほとんど。100人以上集まっているので、これだけで最低でも16万5千円の売上になる。

抽選引換の順番もちゃんと考えられている。

まず、レジで1万円のくじ引きとなるが、50人のうち49人はここでハズレとなる。ここで少しガッカリするわけだが、この後に1650円以上のレシートと引換券を店舗出口近くでソックスに引き換える事で、なんだかんだで得したという体験を最後に持ってくる。

この順番は非常に大事。これを応用できる場面はいくらでもある。


目玉商品がどこにあるのか、どこの棚にお客が少ないかを無線で知らせ合って、店内放送によってお客を誘導しているのもさすがだ。


さて、気になった点はいくつかある。

お客の誘導をする時に、「XXはこちらです!」といった誘導が為されていたが、店員の声は聞こえても姿が見えないといった場合が多く、「こちら」が「どちら」なのか分からない。会計に並ぶ列の最後尾が分からなくて少々時間を食った。

また、長い会計の列が店内の通路をぐるぐると伸びていたのだが、これでは会計の列に使われてしまっている陳列棚の商品は買いにくくなる。

また、当日は雨だったが、出入口は2箇所あり、ソックスの引換を終えて店外に出ると、入店時に渡された傘にかぶせるための細長いビニール袋を捨てる為のゴミ箱が、もう一方の出入口にしか無く、わざわざそこまで行って捨てるハメになった。

その間、庇もなかったので、少々濡れてしまったのは残念だ。店外への客の動線は考慮されていたが、雨天時の客の行動、視点を考慮しきれていなかった。
posted by 本気らいふ at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | どぉ〜なっちゃってんだよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。