新着記事

2011年05月07日

1100年前の事を軽視して、万年先を語る愚

原発の問題は、技術的な問題ではなく、人間のスペック不足の問題だ。

このニュースもそれをよく表しているが、1100年前の巨大地震の解析から今回の災害の可能性は指摘されていたのにそれを軽視したという。

そして、原発の高レベル放射性廃棄物は万年単位の未来に問題となる可能性を秘めていて、たった千年程度前の地震の記録すら有効に生かせなかった人類が、万年先の未来に対して「安全」を語るという愚を犯している。



地層処分は安全だという、その想定に穴は無いのか?穴が無いと言えるほど人類は賢くなっているのだろうか?もしも穴があった場合にはどうするのだろうか?その対策は見当たらない。

文化レベルが違う場合に備えて、宗教的な言い伝えで危険地域に入らないように警告するとか、モニュメントで記録が残るようにするといった研究まで行われているが、

はるか昔の津波の記録として残されたモニュメントがいくつもある。

その石碑には「これより下に家を建てるな」とハッキリ読める字で書いてある。

その石碑が造られたのは1000年も昔ではない。ほんの数十年前の石碑だが、現在その石碑よりも低い位置に多くの住宅が立てられていて、今回の津波で壊滅的な被害をうけている。



人間の限界を想定の範囲に入れずに開発を推し進めるというのは、その時点で想定のやり方を間違った愚行であり、その愚行そのものが人間がたいして賢くもないという事実を見せつけてくれている。

先日、深夜の番組で、宋文洲氏が「壊れないことを前提にしているのは危険だ」と発言したところに、多くのコメンテーターが「いや、絶対に壊れないものを造らなくては駄目だ!」と噛み付いていたが、

壊れたときの事を考えていない事の恐ろしさを、事ここに至ってもまだ分からないような人々が、知的レベルが高いと判断されてああいう番組に招かれているという事に失望した。

想定を越えてしまうことを想定しないと意味が無いのだという事が分からないあたりに底の浅さが見える。宋文洲氏の言葉の中にある意味をまったく拾いあげることもなく進む議論のあまりの寒々しさに呆れて、私はさっさとテレビを消して眠ることにした。

地層処分については、本末転倒の脅迫的な文句でマトモな議論が出来ないように固めておいて話を進めるから嫌になる。それは何かというと、

「現実に、もう高レベル放射性廃棄物があるのだから、なんとかしなくてはならない。」

そういう危険なものが出るのが分かっていて、対策も出来ていないうちから実運用を始めた事については「だってやっちゃったんだもん仕方ないじゃない。」で済ませていいのか?って話だ。

仕方ないからなんとかしなくちゃならない。それはその通りだが、それとこれとは話が別なのだ。

地層処分しか無いような状況に追い込んでおいて、これしか無いからやるんだなんてやり方がこれから先もずっと通用するんだったら、なんだって出来るって事になるから怖いんだよ。

そういう風になし崩しにめちゃくちゃをやるのが人間の愚かで意地汚くて危険な性質なんだから、それを野放しにしておいたら、人間が人間を失うんだよ。


100万年というのは、海面下の土地が、山になる程の長い年月だという事をご存知だろうか?

100万年前には六甲山は海面の下。六甲山は970メートルあるのだから、100万年後には300メートル地下に埋めたものが地表から600メートル上にある可能性だってあると語る小出裕章氏。

8分経過のあたりをお聴きください。


100万年前から隆起してきた六甲山 (1)
http://www.kobe-c.ed.jp/shizen/strata/equake/mtrokko/index2.html


おそらく、推進派の人々は地質調査をするから大丈夫だというのだろう。

浜岡原発をあの場所につくった程度の地質調査を信頼出来るとい理屈をそれ以前に説明していただきたいものだが。
posted by 本気らいふ at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | どぉ〜なっちゃってんだよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。