新着記事

2011年03月20日

東京消防庁の会見〜仕事が出来るとはこういう事です。

本日午後10時半頃から行われた、東京消防庁記者会見は素晴らしい物だった。

というか、こういう報告が出来なくては仕事が出来ているとは言えない。

こちらからYoutubeで見ることが出来るので、ぜひご覧下さい。
http://www.youtube.com/watch?v=6Vad16Rlx8U

東電や原子力安全保安院、官邸はこれを見て自分たちに何が足りないのかをよく考えてもらいたい。


東京消防庁の会見内容は、記者たちのみならず、国民なら誰でもが疑問に思うであろう事を全て説明しており、質問の余地が無い。豊富な写真を用意し、専門用語と共にそれが何を意味するのかもスマートにおりまぜて解説している。

どのような事が話し合われ、いつ、どこで、どんな対策を練り、想定外の事態に対しても検討を重ねて解決策を見出し、いざ、作業が開始されれば驚くべき実行力で課題をクリアする。

誰もが納得出来るだけの想定、訓練、再検討が行われた事が分かり、時間がかかった理由も、放水によってどのような成果が出ているのかも、隊員の被曝量やその測定の妥当性も、全てが説明されていると言っていい。

仕事の報告というものはこうでなくてはならない。特にこのような非常時に、相手の不安を増大させるような説明をするのは、仕事が分かっていない人のやることだ。

そして、こういう報告が出来る人というのは、仕事も迅速であり丁寧で美しい。途中でトラブルがあっても、それを乗り越える方法を探し、必ず成果を出してくれるものだ。

根性や精神論の通用しない仕事の現実を知っている人の凄さがこれだ。

頭だけで考えていると、ここが甘くなる。

緻密に考え、的確な判断を下し、不安や不透明な点は明らかにし、あらゆる事態を想定してバックアッププランを考え、現場に飛び込む勇気以上に、間違えれば撤退する勇気もある。

そういう事は、自分の存在全部で考えることが出来て、初めて可能になる。

消防は人智を超えた炎との戦いの場所であり、ほんの少しの甘えや緩みが即自分の死、仲間の死に繋がる厳しい世界だ。

だからこそ、そういった全脳思考どころか全身思考が可能になるんだなーんて言い出す人もいるんだけどね、違うの。

確かにそういう思考の人しか生き残れない職場だけどね、それ以外の場面でも、こうした全身思考ってのは適用できるし、そうであれば非常に良い仕事が出来るのね。

極限にならなくたって、極限の経験がなくたって、ちゃんと仕事は出来るんだよ。やろうと思えばね。

だから、カッコイイ素晴らしいってだけじゃなくて、彼らのような仕事を自分の現場でやるって事はどういう事なのかって考えてみたらどうだろう?で試行錯誤してみたらどうだろうって思うんだよ。

東電だって電源回復に必死にかけずり回った現場の人たちは、トラブルが続発する原発をなんとかコントロールしようと踏ん張ってきた人たちは、やっぱり彼らのように仕事していると思う。

いい仕事をする人を見て、私はとても気持ちが楽になった。

希望が持てた。


冒頭に紹介したyoutubeの中にその場面がないのだが、

(追記)こちらにその場面あります、4分50秒ぐらいのところを御覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=ZT28xIGzfHw

冨岡豊彦隊長が、
「一番大変だったことはなんですか?」
との記者からの質問に、

「大変だったのはですね……」

しばし無言で、口の端を震わせながら目に涙をためて、

「隊員ですね。」

と答えたあの場面に真のリーダーシップを見た。

あんな隊長だったら、どんな危険な現場でどんな危険な命令でも俺はついていけるよ。

政治の世界に、ああいうリーダーが欲しい。

被曝覚悟の350メートル 消防隊見守る妻「日本の救世主に」
posted by 本気らいふ at 03:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生を高める仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。