新着記事

2010年08月23日

次を考えずにエコポイント、次がないから延長。


エコポイントというのは一時しのぎの方策だ。

一時しのぎが悪いとは言わない。

一時しのぎによって、本当の対策を立てる為の時間を稼ぐことが出来るからだ。

だが、「一時しのぎ」というものは、本当の対策を立てる事が前提のものでなくてはならない。

ところが、

政府はこの「一時しのぎ」を延長する方向で動いているという。

バカバカしい事だ。

家電製品の売上はここ3ヶ月急激に減少しているというデータがニュースで紹介されていた。

これをエコポイントの延長で回復させることが出来ると思っているのなら、それはどこかの高校生に学級会でも開いてもらって話しあってもらったほうがマトモな答えが出るんじゃないだろうか?

まだエコポイントが実施されている状況下で、この3ヶ月、家電の売上は下がっているのだ。

つまり、これはエコポイントの効果がなくなってきたという事を意味している。

なのに、効果のない「エコポイント」を延長するというのだ。


大事なのは、なぜエコポイント効果がなくなってきたのかを分析することであって、何も考えずに延長するというのは、普通の民間企業でそんな提案をすれば左遷されるぐらいの愚かさである。

需要の先食いは、すでに起きていると考えるべきなのだ。

もう、エコポイントなんて餌をちらつかせたところで、財布から出せるカネが無いのだ。

既に消費者が絞りきった雑巾になっている可能性がある。

私の実感としては、既にそうなっているのだが、政府のみなさんは全然分かっていらっしゃらないようだ。

別に困窮しているとかって意味ではないが、やはり無理をして消費をしようという意欲はカラカラに干上がっていると考えるべきではないか。


本来なら、庶民の財布にカネが回ってくるような根本的な経済対策を行わなければならないのだ。

その対策を練る為の時間稼ぎがエコポイントだったのに、その間に政府は何をやっていたのかと言えば……。

出てきたのはエコポイントの延長という、無為無策を白状してはばからない、いかにもみっともない提案である。

普通のマトモな大人なら、こんな事は人間としていたたまれなくて、公に語ることなど出来ないはずだが、

恥を恥とも思わない大人が国の舵取りをしているとは……

選挙にばかり気合を入れてもらっても困る。

国政に気合を入れていただきたい。
posted by 本気らいふ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | どぉ〜なっちゃってんだよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。