新着記事

2010年07月31日

開発費1億をかけたシステムなら勝てる?

サクソバンクFX

相変わらず、情報販売の世界で根拠もなく勝てると宣伝するシステムトレードソフトが売られている。

数万円から数十万円という価格に見合った価値があると思わせたいのだろうが、

開発費が数千万円とか、自分が研究に数百万円かけたとか、そういう宣伝文句のソフトが多い。

まぁ、こんな宣伝文句で買う気になってしまう人が多いという事なのかも知れないが、

開発コストをかけただけで勝てるソフトに仕上がるなんて…ねぇ…。

マトモな開発をしているところなら、開発コストが掛かっているって事を根拠にして、製品の値段を正当化するってのは「嘘」の類だって分かってるはずなので、

開発費用が広告通りにかかっているとしても、それを価格の正当性として謳う時点で不誠実だし、費用のかけ方自体がダメダメだったら価値は無いんだから、これって意味が無いよね。

最初から騙すつもりで、価値のないものを価値があるように見せるために、開発コストの話を出してくるってのがほとんどだろうけど、まぁ、本当にそんなに開発コストがかかってるのかどうかなんて調べようがないから意味が無い。


広告は感情を揺さぶるように出来ているもので、そういう煽り文句に反応してしまうのは仕方ないのだけれど、

何度も書いている通り、FXとかそういう相場の世界で生き残るためにはメンタルコントロールが重要で、感情的なトレードをすると必ず全てを失うようになってるのね、

だから、開発に1億かかっているという理由でシステムトレードソフトを購入してしまうってのは、その時点でもう相場では勝てないって事を意味する。


システムトレードソフト自体を否定はしないが、放ったらかしで儲かるようなものではないって事を理解して使ってもらいたいものだ。

ちゃんとしたシグナルサービスやシステムトレードソフトでも、それを有効に利用する為には、自分自身の訓練が必要なのだけれど、それを知らせずに、まるでコンピュータに任せておけば何の努力もしなくても儲かるかのように語られているのには問題を感じる。

私自身、システムトレードやシグナルのサービスを参考にする事はあるけれど、あくまでも参考情報として利用するにとどめている。

最終的には、それらの情報を総合して自分自身で分析し、決断しないと良い結果は出ない。
posted by 本気らいふ at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | FXは勝てそうな時だけに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/157965317
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。