新着記事

2010年02月22日

東京オリンピック招致に失敗したから八つ当たりか?

この人の物言いは、どうにかならんかな。

石原語録:知事会見から 冬季オリンピック

 −−高橋大輔選手が日本フィギュア男子初のメダルを取った。

 ◆いいじゃないか。金メダルじゃないんだろ。別に否定しませんよ。しかしそれはそんなに快挙かね。まあ結構でしょう。
 
高橋選手の演技を見てもなにも感じない人なのね。
 
こういう老害がいるからこそ、日本の選手が結果を出せなくなってるんじゃないの?
 
石原さんが目指しているのは旧ソ連や中国のような体制って事?
 
自分が東京オリンピック招致に失敗した時、どういう態度でしたっけ?
 
 
高橋選手を侮辱するこのような物言いは下品以下、こういう老人が東京の知事をやっていると言うことこそが、日本の恥。
 
フィギュアの専門家の間では高橋の演技を絶賛する声も多く、見る人が見れば……というか、普通の美的感覚がある常識的な人間であれば彼の演技が素晴らしいものでありそのメダルが快挙である事を疑うはずはない。

ところが石原は単にメダルの色だけでしか事を判断出来ないのだ。まるで成金並みの下品さである。
 
そもそも、
 
石原自身には、金メダル並みの功績があるというのだろうか?
 
もちろんそんなものはない。(逆方向なら新銀行とかあるけどね)

銅メダルのオリンピック代表選手を相手に偉そうに「それはそんなに快挙かね」なんて言う資格がどこにある。
 
島国でちょっと人気があるからって勘違いしてるだけの小人物が、世界を相手に戦った高橋選手をこき下ろす資格はない。
 
というか、多少なりとも高い世界を見た人間であれば、このような下品な態度でオリンピック代表選手をバカにしたような発言はしないものだ。
 
つまり、石原氏はそういう低い世界の住人に過ぎないのである。
 
なるほど、新銀行東京の責任なんて認めるわけが無いって事だ。
 
 
彼は著書の中ではアメリカを批判するが、アメリカの関係者を目の前にするといつもヘラヘラしている。
 
このような節操の無い人間に、高橋選手の事をとやかく言ってもらいたく無い。
 
ハッキリ言って、
 
国母くんの服装問題とか不適切発言よりもこれは大きな問題だよ。
 
なんで国母くんの服装には抗議が殺到したのに、この石原発言には大人しくしているんだ?
 
理解できないな。
posted by 本気らいふ at 09:48| Comment(0) | TrackBack(1) | どぉ〜なっちゃってんだよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

マラソンの危険性
Excerpt:   来る2月28日は、「東京マラソン」の実施日です。それにあわせてエントリーします。 まず、以下は、「松村邦洋」に関するwikipediaの一節です。 2009年3月22日、再びTokyo Boyの..
Weblog: 虚虚実実――ウルトラバイバル
Tracked: 2010-02-25 00:39

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。