新着記事

2010年01月28日

iPadのチャンスに乗れるか?



Appleの新製品は噂通りのタブレットだった。

製品名はiPad。

プレゼンを見た限り、非常に魅力的で、電子ブック機能も美しくまとまっていた。

製品がどうとかは、こっちの動画で、まさに百聞は一見に如かずなんで割愛

気になるのは、日本の出版社や新聞社の動きだ。

彼らは積極的にこの流れに乗ろうとしているだろうか?

ここで乗り遅れるようだと、救いようが無いんだが……。デジタルコンテンツに対しては、日本の音楽業界も出版業界も変に消極的で、かなり儲け損なっている。

たいていの場合、値段の設定も愚かしい。

紙代も印刷代もかからない上に、在庫リスクも無いというのに、紙の書籍とほぼ同じ値段だったりするから笑える。

バカじゃなかろうか?

顧客視点でなく、売る側の論理で、しかも守りに入った動きばかりが目立つのである。

このiPadで、デジタルコンテンツの業界は大きく動き始めるだろう。

Amazonのキンドルとの競争で、デジタルコンテンツの販売は活気づくに違いない。


フットワークを軽くして、柔軟性を発揮して、デジタルコンテンツ販売に積極的に参入して行く企業が伸びて行くように思われる。

比較的小さい規模の会社にもチャンスが巡ってくるだろうし、作家の側にも新しい道が開けるかもしれない。

このチャンスをどう活かすか、iPadのビデオを見ながら考えてみてはどうだろう?


例えば、Amazonの方ではこんな動きがある。

キンドル「印税70%」の衝撃 不況の出版界には大脅威

AppleのiPad発表イベントのレポート

Live from the Apple 'latest creation' event


posted by 本気らいふ at 06:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功は体で覚えろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139555926
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。