新着記事

2010年01月04日

「断る力」が必要ですか?

「断る力」という本がある。

断る力 (文春新書)



不必要な仕事や、他の人に割り振るべき仕事を断ることの重要性を指摘した本なんだが、

この本がヒットした事は大きな驚きだった。

というのも、断らなくちゃならないほど仕事を頼まれるような有能な人材というのは極少数しか居ないからだ。


しばらくして理由がわかった。

明らかに実力が不足していて、人並みの仕事をこなす事も出来ないレベルの従業員がこの本の内容を実行しようとしている話を聞いたからだ。

なるほど、実力も無いのに自分では自信満々って連中がこの本をツマミ食いすれば、さぞかし美味しく感じる事だろう。

よほど有能になってから「断る力」を身につけようとするのなら良いが、実力も無いのにこんなものに興味を持ってしまったら、大きな勘違いをする可能性が高い。

特に、自分の実力を自覚出来ないほど愚かで、周囲からの客観的な指摘を受け入れられないぐらい無意味に高いプライドを持っていたら、無能スパイラルにはまりこんでしまうだろう。

しかも、そういうタイプの新人が多くて困るという話が多くなっているし、実体験としてもそういったタイプの新人が増えている。


世間では自信を持つことは良いことで、自信を持たせることは正しいという固定観念が強くなってきているようだ。

しかし、その自信には実績が伴わなくてはならない。

若すぎる頃には、根拠のない自信が大事な時期もある。だが、そこから先は実績を積み、根拠ある自信を持たなくてはならない。

それは、誰かにつけさせてもらった自信ではなく、自分自身でつかみとった自信でなくてはならない。

ところが、実力が無いのに自信だけはあるという状態で新人の時期を過ぎてしまうという、かなりかわいそうな人が増えているのだ。

さらに困ったことに、その事実を自覚させようとすると、自信を無くしたとか言って逃げるんだから始末に負えない。

正直、こんなレベルの人間に仕事を頼むとトラブルが増えてしまい、仕事が進まないので居なくなってくれて構わないのだが、どういうわけか、彼らに過保護な社会が存在しているので、かわいそうに彼らは自分を変革するチャンスを奪われ、成長するのに大切な時期を無駄にしてしまう。

断るべき仕事かどうか、

それを判断出来るようになる為には、どれほどの経験と実力が必要なのか想像すらしないような人間には「断る力」なんて必要ない。むしろ有害なのだ。

「断る力」は劇薬である。

上手に使える人が、本が売れたほどに多いとは思えない。
posted by 本気らいふ at 03:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功は体で覚えろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。