新着記事

2009年12月29日

日本は衰退しつつあるという前提で生きる。

日本は衰退しつつあるという前提で生きる必要がある。

年末に暗い話になってしまうが、くだらない無意味ポジティブに脳みそ腐らされた人間がまだ多いので、ハッキリと書いておきたい。

これから良くなるとか、ツイてるとか、そんなヌルイ精神でも幸せになれた時代は終わった。

そんなオマジナイに頼っていても生活が良くなったのはバブルの時期だけだ。

そして、ツイてる1000回つぶやく程度でなんとか生活出来るのは今年までだろう。


日本は衰退しつつある。

衰退を止めるには、明るい明日を思い描くのではなく、手足を使い、妄想の汗ではなく現実の汗をダラダラと流しながら、時には血を流すぐらいの覚悟で、


未来を開拓するべく行動するしか無いッ!



それ以外に何があるというのだ?

何もしなければ絶対に日本の衰退に巻き込まれて生活レベルはどんどん低下する。

日本にいてぼーっとしているというのは、下りのエスカレーターに乗っているだけの状態だ。

よく成功セミナー系の人は「上りのエスカレーターを駆け上がるのが成功者」だとか言うのだけれど、日本に居るという事は、今や「下りのエスカレーター」に乗っている状態なのだ。

だから、上りのエスカレーターに乗りたいのなら、日本を出て行くぐらいの事をしなくてはならない。そういう行動をしている人が「上りのエスカレーター」なんて言ってるなら納得するが、縮小して行く日本市場の内側でちまちまやってるだけの人がカリスマなんて呼ばれているのを見ると、情けなくなってくる。

別に海外に住めという事ではなくて、活躍の場を海外に広げる努力をしないでどうするのだ!ということだ。

もちろん、簡単に海外を舞台に出来るわけではない。

下りエスカレーターと化した日本の中で、なんとか登っていくという事も同時に行わなくてはならない。その間になんとかして上りのエスカレーターに飛び移るしかないのだ。

ボケーッと、のほほんとしたいのなら、上りのエスカレーターに乗ってからにすることだ。

日本の中に居る限り、自力で下りのエスカレーターを駆け上がるしか無いという危機感で、今すぐに行動を始めるしかない。

幸い、まだ下りへの流れは遅い。

この段階で自ら動けば、どんどん下へ滑り落ちて行くという不幸からは逃れられるかもしれない。

恐るべきはこの下りエスカレーターは、下に行くほど速度が速くなる。

行動を起こすのが早ければ早いほど、脱出の可能性は高まるのだ。


高度経済成長期には希望があったから、やる気をもって行動が出来たが、今は希望が無いなどと嘆く人々を見ることがあるが、

甘い!

希望の無い時にこそ、未来を切り開くための行動が必要なのだ。

やる気が景気に左右されるなんてのは愚の骨頂である。そんなもんに景気なんぞ関係ない。

やる気なんてものは、ガッツなんてもんは、

今出すか、それとも、先延ばしを繰り返してありもしないのに出し惜しみしているうちに寿命が尽きるかだ。

日本には技術がある?モノづくり立国?サービス先進国?そんな幻想にしがみついているうちに、韓国や中国やインドが、さっさと日本を追い抜いていってしまう。

今、必要なのは甘い幻想ではない。

日本は衰退しつつあるという厳しい現状認識だ。


ルバン三世なら
「次元、面白れぇことになってきやがったぜ!」
とつぶやく局面だろう。

漫画に描かれた前田慶次なら、大喜びで参戦するだろう。

危機に際して奮い立つ者こそが、理想に描かれる人物であるというのに、

バブルの時期は浮かれ騒ぐだけ、

バブルが崩壊すれば意気消沈して、まだ日本は大丈夫なんて幻想にすがり、オカルトなコンサルタントの話に救いを求める。

こんな奴らばかりウヨウヨしているんじゃぁ、衰退は加速するばかりだ。
posted by 本気らいふ at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功は体で覚えろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/136869449
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。