新着記事

2006年01月14日

PowerBookって名前の方がかっこいいけどな〜

昔からのマックユーザとしては、今回のノートブックの名前がちょっと気に入らない。

PowerBookって名前をなんで捨てるわけ?別にPowerPCからとってきた名前じゃないんだから、Intel入れたからってMacBookなんて名前に変更するこたぁねぇだろ。

PowerBookって、「力」の「本」でしょ?だから「リキボン」なんて呼ばれたりもしたわけで、なんか本当に「力」になってくれる頼もしさがあったんだ。

でも、MacBookってのは、どうもひねりが無い。なにかイメージを喚起させてくれるものがない。

今回の製品について、私は大満足なんだけどね、この名前だけは気に入らないのよ。ネーミングもブランドの大切な要素なんで、これがどうしても引っかかる。

で、くだらない事なんだけど、多分PowerBookのロゴのシールが流行るぞ、局地的に。

まあ、そういう商売したい人はやってみて下さい。そこそこ売れるよ多分。

★補足★
PowerBookって名前に感じる愛着って何なのか、考えてみた←クリック

さて、もうひとつ名前で気になるのはMacBook Proの「Pro」ってところ。


「MIni」とか出てきても不思議じゃないってことは……これ、iBookとPowerBookの垣根をなくす気なんじゃないだろうか?

実際、PowerBookとiBookの垣根というのはかなり曖昧になっていた。PowerBookなのにiBookよりスペックが下回ってたりすると、妙に損な気分なわけだ。

でも、容赦なくCPUの性能なんかは向上するし、モデルチェンジはしなくちゃならん。事情はわかるんだが、PowerBookユーザとしては、iBookよりも絶対的に上でなくちゃ嫌なのだ。

垣根が曖昧になってしまう二つのブランドを統一してしまえば、この問題は解決する。というわけでMacBookに統一されるんじゃないかと予想している。

すぐにでも買いたいところだけど、eワラントとか、ちょっと変わったものを投資対象にして購入資金の都合をつけようとしているところで、準備出来た頃には他の機種も出てきてるかもしんないので、今回発表のは買うかどうか微妙なところ。

それにしても予定がくるった。ノートは春まで出ないと思ってたんだが……。

そうそう、もう1つ気になるのはFW800が装備されなくなった事。やはりUSB2.0の方向に向かってるのか?確かにテープメディアを使う必要が減ってくれば、データの転送が安定してるって理由でFWにこだわる事は無いわけだけど。FWの方が好きなんだよな〜、まあ、技術的な理由でなくて感情的な理由で抵抗したいってだけなのは分かってんだけどね。

『関連』
Apple製品を買う時に「得」なショップは?←クリック
posted by 本気らいふ at 04:33| Comment(0) | TrackBack(1) | それでもマックで仕事する! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Apple Computer Inc.「MacBook Pro」,「iMac」発表!
Excerpt: Appleが、MacBook Pro, iMacを発表。
Weblog: -- MACIST マッキスト --
Tracked: 2006-01-14 14:46

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。